アイメイクで同じアイテムを使用し、正反対の雰囲気を作り出す

初対面の時、目元で大きく印象が変わります。
タレ目ではない人はかわいく見えるからという理由で、あえてタレ目に見えるメイクをします。
それは、目の下側3分の1くらいのところから目尻にかけて太くアイライナーを引きます。
この時のアイライナーの角度は斜め下を向くように引いていきます。
そうすることでタレ目を作り出すことができます。
逆にタレ目の人は、つりあがってクールに見える涼しげな目に憧れます。
そんな場合は、アイライナーを目の上側に引きます。
この時も全部に引いてしまうときつく見えるので、目の2分の1辺りから目尻にかけてアイライナーを引きます。
この時のアイライナーの角度は斜め上を向くように引いていきます。
次につけまつげです。
目尻が長めのつけまつげは、タレ目にもつり目にも応用がききます。
目尻を下げて、少し重たい感じにすればタレ目に見えます。
逆に目尻を上げれば、雰囲気はネコのような目になります。
つけまつげをプラスすることで、女性らしさもアップします。